喧嘩を避ける

同棲開始に大切なルール例6選

同棲のルール例のブログ画像

同棲を始める際に、ある程度ルールを決めておくと、喧嘩を未然に防いだり、何か問題があった時に役立つことがあります。

今回は「どんな同棲のルールを決めたら良いか」を考える手助けとなる、6つのルール例をまとめました。

▼ご紹介するのはこちら

  • 同棲期限を決める
  • 家事分担を決める
  • お金の使い方を決める
  • 連絡頻度を決める
  • 異性との付き合い方を決める

ルールが多すぎると逆に負荷になるので、「自分たちのカップルに必要だな」と思ったものを選んでで取り入れてみて下さいね。

こんな方におすすめです
  • 同棲のルールの例を知りたい人
  • 同棲に不安がある人
スポンサーリンク

同棲のルールの参考例

同棲ルール例のブログ画像

過去に2回の同棲経験がありますが、それぞれの家で決めたルールはちょっとずつ違っていました。

人によって合う・合わないがあるので、自分やお相手の性格を考えながらルールを決める必要があります(もちろん、「ルール決めはしない」という選択肢もあります)。

同棲期限を決める

期限を決めない同棲はずるずるしがちです。「気が付いたら結婚適齢期を過ぎていた…」という方も多く、仮に別れてしまった場合、大きな時間のロスになってしまうことも。

結婚を真剣に考えているのであれば、「同棲するのは〇年まで。それまでに結婚しないのであれば別れる」ときっぱり決めてしまうことも必要です。

ルール例

  • 同棲期限は1年以内、それまでに結婚するかしないかを決める

家事分担を決める

同棲したては、「好きな人のために頑張る家事」が楽しいこともありますが、数か月もすれば苦痛になってしまうことがあります。

二人分の家事をしなければいけないので、人によってはだんだんと重荷になってしまうんです。

家事で疲弊しないためにも、お互いの仕事とのバランスをみながら家事分担を決めましょう。

ルール例

  • それぞれの得意な家事で分担を決める
  • お互いの収入と同じバランスで割合を決める
  • きっちりと半分の量になるようにする

お金の使い方を決める

同棲の家計の方針は「お互いの収入の割合で生活費を決める」「収入を合わせて折半する」などやり方は様々あります。

お金についてはざっくり決めるのではなく、「自由に使えるお金」「二人で生活するためのお金」「貯金するお金」の三本柱でしっかり話し合っておきましょう。

ルール例

  • 生活費はお互いの収入のバランスで決める。お小遣いは各自の自由
  • 収入が多い方のお金で生活し、少ない方は貯金に回す

連絡頻度を決める

日常でまったく連絡が無くても平気な人がいれば、こまめに連絡がないと不安になる人もいます。

二人で生活するとなると、ただのおしゃべりだけでなく、情報を連携する(帰宅時間や晩ごはんの有無など)ためにも連絡が必要なので、連絡頻度や内容は前もって決めておきましょう。

ルール例

  • 帰る前は必ず連絡する
  • 仕事中はお互い連絡しない

異性との付き合い方を決める

恋愛感情が無かったとしても、異性と2人でいることを不安・不快に思う人がいます。

異性との付き合い方を自分の価値観だけで決めてしまうと、恋人に不信感を持たれたり、浮気をしているのではないかと疑われてしまう可能性もあります。

喧嘩を避けるためにも、事前に価値観のすり合わせはしておきたいところです。

ルール例

  • 仕事以外では異性と2人きりにならない
  • 異性と遊んでもいいが事前に連絡する
  • お互い異性の関係は過度に束縛しない

友人との付き合い方を決める

恋人そっちのけで友人とばかり遊ぶ人がいれば、逆に友人がいなくて恋人に依存してしまう人もいます。

友人関係、自分たち恋人関係はどちらも大切なので、過度に片方に依存しないことが大切です。

ルール例

  • 基本的に恋人との予定を優先する
  • 土日は必ずカップルの時間として使う
  • お互いの友人関係には口を出さない
スポンサーリンク

実際に決めていた同棲のルール

同棲ルール例のブログ画像

これまでご紹介した例も含めて、今まで私が同棲の中で決めたルールをご紹介します。

女性側の収入は全額貯金する

同棲をしていた頃、年齢や仕事柄でどうしても私の方が収入が低く、二人で生活できるほどの稼ぎはありませんでした。

逆に、恋人は二人生活できるほどの収入があったので、生活費は相手の収入から出してもらうことに。

その代わりに、私の稼ぎは全額貯金に回すことにしました。

 

また、女性側は出産や育児などで収入が減ることもあるので、変動する恐れがある私の収入を貯金に回すことで、何かあっても片方の収入で生活できる状態にしておきたいという狙いもありました。

仕事終わりに連絡をする

私の方が帰るのが早く、また、食事の準備をする必要があったため、仕事終わりには恋人に必ず連絡してもらうようにしました。

帰宅時間から逆算して「〇時までなら〇〇が作れそうだ」と献立を考えることができたので、連絡をもらえたのは助かりました。

料理は自分、洗い物は恋人にしてもらう

正直料理が好きではなかった筆者ですが、食費の節約のため、健康のために自炊をしていました。

その代わりに恋人が洗い物をしてくれたので、自分は作るだけで完了。

恋人が料理をしないことに多少不満はありましたが、それでも片付けの負荷が減ったのは助かりました。

スポンサーリンク

同棲中に決めて失敗したルールもある

同棲ルール例のブログ画像

ルールを決めれば揉め事は減りますが、そのルールが上手く運用できない時もありました。

 

例えば、家事を事細かに分担するよう決めたことがありましたが、お互いの仕事が激務になり、だんだんとルール通りにいかないことが増えてきました。

結果、ルールを守るが辛くなってしまったので、一度撤廃して再度ルールを作り直したこともあります。

 

ルールを作ることは円満な関係への第一歩ですが、逆に縛られることで苦しくなってしまうこともあるので、時にはトライ&エラーでルール決めしてみてもいいかもしれません。

スポンサーリンク

おわりに:ルール決めは自分の意見を押し通さないで

同棲でルールを作ることは重要ですが、理不尽なルールを勝手に決められた場合、それが原因で別れることもありえます。

自分の意見だけでルールは決めずに、必ず恋人と話し合って、お互いが納得する同棲のルール作りをしてみて下さいね。