楽天「お買い物マラソン」4月9日~開催!
二人暮らしの初期費用50万円のブログ画像

二人暮らしの初期費用は50万円で足りる?実際に検証してみた

「二人暮らしを始めるけど、初期費用にあまりお金をかけられない!」という方に向けて、初期費用が50万円で足りるかを検証してみました。

 

結論としては、初期費用50万円は何も考えずに二人暮らしを始めようとすると足りず、逆にちょっとでも節約を意識すれば足りる金額という結果になりました。

今回は、その二人暮らしの初期費用の内訳と、50万円で足りるように節約する方法をご紹介します。

・二人暮らしを初めたいが、初期費用にあまりお金をかけられない人
・二人暮らしの予算が50万円以下の人
・なるべく初期費用を抑えたい人
スポンサーリンク

二人暮らしの初期費用、総額50万円で生活はスタートできるのか

二人暮らしの初期費用50万円のブログ画像

家賃

今回は、全国でも平均家賃の高い「東京都」でのパターンを検証してみます。

Data Analyzeで公開されているデータをもとに、二人暮らしで住みやすい「1LDK・2K・2DK」の家賃の平均を出してみました。

 

すると、家賃の平均は約8万8,542円という結果になりました。

 

ただ、賃貸契約となると、敷金や礼金、仲介手数料が必要になり、合わせて家賃6ヶ月分ほど必要になる場合も(もっと多くなる可能性も)ありえます

先程計算した、東京都の賃貸の平均値を6倍すると53万1,252円…この時点で予算を余裕で超えてしまうのです。

 

そのため、「家賃を抑えたい」という意味だけで考えるのであれば、敷金・礼金・仲介手数料のどれか1つでも0円の賃貸を探し、家賃の安くなる郊外を探すのがおすすめです。

例えば、「敷金・礼金なし」の物件で家賃7万円の場合、前家賃・仲介手数料などで合わせて14万円まで抑えられるのです。

家具・家電・雑貨

二人暮らしの初期費用50万円のブログ画像

1から揃えるとなると、かなり費用がかかるのが「家具・家電・雑貨」。

費用を抑える方法を挙げるとすれば

・なるべく安い家電・家具を買う
・一気に揃えようとしない
・中古品を探す
・知人から譲り受ける
・家具のレンタルサービスを使う
・家具・家電付きの賃貸を探す

の方法があります。

 

結局のところ、知人からもらったり中古品で探すのが一番安いのですが、新品でないことや大型のものは搬入が大変だということを考慮しなければいけません。

 

なので、アイリスプラザ(アイリスオーヤマの公式通販)などで価格が控えめの家電を選んだり、雑貨は100均アイテムを駆使、家具家電のサブスクリプションサービス「CLAS」を使うなど工夫が必要です。

 

\会員登録で2,000円分のポイントがもらえる/

家具・家電レンタル「CLAS」

 

試しに、 ネットで買える家具・家電・雑貨で初期費用を計算してみました。

冷蔵庫

電子レンジ

洗濯機

カーテン

寝具(2人分)

これらのものが合計で6~7万円ほど。

 

あとは、生活に必要なバスグッズ、衛生用品などを買い揃えればひとまず生活はできます。

 

ただ、これらの商品はひとまず生活ができる価格設定が低めの家具・家電を選んだので、こだわりのある方の場合はもっと予算を多めに考えておく必要があります。

 

より低価格・おしゃれな家具が欲しい場合は家具家電のサブスクリプションサービス「CLAS」などを活用してみましょう。

\会員登録で2,000円分のポイントがもらえる/

家具・家電レンタル「CLAS」

引越し

二人暮らしの初期費用50万円のブログ画像

引越しに関しては、引越し元と引越し先の住所や荷物量、建物の形状などによって値段が大きく変わります。

そのため、一概に「予算はこれくらい」とは言えません。

 

ただ、確実なのは

・荷物の量が少ないに越したことはない
・繁忙期は値段が高くなるため避ける
・引越し業者の比較サイトを使って、さまざまな業者で検討する

の3点は、費用を抑える上で特に大切になっていきます。

そのため、引越し達人セレクトなどの比較サイトを使って、引越し料金をしっかりと比較・検討をしてみて下さい。

 

ちなみに、筆者の場合は家具・家電を引っ越した後揃える予定だったので、自分の荷物はダンボール数個のみ。

すべて宅配便で送ったので、実際の引っ越し代は1万円ほどでした。

ものが少ない方は、このように宅配便も活用してみて下さい。

スポンサーリンク

検証結果:初期費用は何も対策しないとあっというまに50万円を超える

今回は50万円の予算を超えないように調整してみましたが、様々なことを考慮した上での結果です。

 

例えば、通勤・通学が近いからといって都心部に引っ越せば、家賃は10万を優に超えますし、敷金・礼金・仲介手数料などの存在を無視してしまえばあっという間に60万超えの初期費用が掛かってしまいます。

 

逆に、家賃が安く抑えられても、気に入った家具・家電ばかり買っていれば、それはそれでうん十万もの初期費用がかかります。

 

そのため、

家賃は高くてもいいから家具・家電付きのところにしよう
自分の好きなインテリアで部屋を埋めたいから、家賃はなるべく安いところを探そう
引越しの距離が長いから、引越し業者は使わずに自分たちだけでやろう
など、いろいろと節約に気を使ったほうが良いのが、この「50万円」という壁なのです。
スポンサーリンク

二人暮らしの初期費用を50万円で抑えるまとめ

・家具・家電付きの物件を探す

・コンロ、エアコンなどが最初からついている物件を探す

・敷金・礼金・仲介手数料のどれか1つでも0円の物件を探す(ただし、敷金に関しては払っておいたほうが良いパターンもある)

・都心部、駅チカなど家賃が高くなるところを避ける

・家具や家電をレンタル(家具・家電レンタル「CLAS」など)で揃えるか、中古で買う。または譲ってもらう

・引越し前に荷物を少なくして、引越し料金が安くなるようにする

など、できることはたくさんあります。

「塵も積もれば山となる」の言葉もあるように、少しずつでも実践すると、積み重なってぐんと費用が抑えられることがあるので、ぜひ実践してみて下さいね。

 

\会員登録で2,000円分のポイントがもらえる/

家具・家電レンタル「CLAS」

タイトルとURLをコピーしました