カップル・夫婦

結婚式準備を時短にするコツは?式場選びにも要注意

結婚式準備を時短にするブログ画像

結婚式を挙げたいけど、打ち合わせが多いって聞くし、時間が無いから準備を時短で済ませたい…。」という方に向けて、結婚式準備をなるべく短くするテクニックをご紹介します。

時短の方法は「結婚式場を決める前」「結婚式場を決めた後」でできることが変わるので、状況によってできることを取り入れてみて下さい。

 

▼内容はこちら

こんな方におすすめです
  • 結婚式準備を時短でしたい人
  • 結婚式を挙げるまで数か月しか期間が無い人
  • 打ち合わせの回数を減らしたい人
スポンサーリンク

結婚式準備を時短で済ますテクニック!式場によってできる内容が変わるので注意

結婚式準備を時短で済ますコツのブログ画像

結婚式準備に時間がかかるのは、「打ち合わせが多いから」「準備が多いから」の2つが大きな理由です。

結婚式場を決める前、決めた後でできる時短テクニックは変わりますので、それぞれのパターンで解説します。

結婚式場を決める前なら、打ち合わせの少ない式場を選ぶ

結婚式準備を時短で済ますコツのブログ画像

結婚式準備は、打ち合わせが少ないほど時短にすることができます。

 

私が挙げた結婚式では、数か月にわたり毎週末に打ち合わせがありました。

打ち合わせはそれなりに疲労するので、それ以外の週末の予定も入れづらく、大変だった記憶があります。

 

そこで、結婚式準備の時短のためにおすすめしたいのが「打ち合わせの少ない結婚式場」を選ぶことです。

打ち合わせが少ないのを売りにしている式場もある

結婚式準備を時短で済ますコツのブログ画像

式場によっては、打ち合わせ回数を少ないのを売りにしている結婚式場もあります

私が過去に行ったブライダルフェアでは「ルクリアモーレ」がそのような形態にしていました。

 

ルクリアモーレは全国に式場があり、打ち合わせは最短1回と忙しい人向けなのが特徴。

なぜ少ない回数でできるのかというと、電話やメールでフォローをしてくれるからだそうです。

さらに、挙式が直近であったり、六曜的に人気のない日に結婚式を挙げるとかなりお安くしてくれます

 

ただ、当時行った「ルクリアモーレ東京駅前」のブライダルフェア担当の方の説明では、実際の式場の見学などはできず、予約してから本番当日に見れるとのことでした。

それでも、豊富な写真を見せてくれるので、式場のイメージはとても湧きやすかったです。

ブライダルフェアのときに打ち合わせや持ち込みについて聞いておくのも大事

テーブルに乗った白とピンクの装花

決める内容が少なく、打ち合わせ自体の時間が短かったとしても、1日に決められるのは1つだけの(今日は装飾、来週は司会…というふうな)式場もあります。

実際にブライダルフェアに行く際に、最短何日で打ち合わせを終えられるか聞いておくと安心です。

また、このあと記述する「演出を工夫する」「外注化する」「ハンドメイドを減らす」ことを考え、持ち込みをしても大丈夫かどうか確認しておきましょう。

結婚式場を決めた後なら、演出内容や準備を工夫する

すでに結婚式場を決めてしまった場合は、打ち合わせ内容を短くしたり、準備を減らすことで時短になるよう工夫しましょう。

まずは結婚式の内容の全貌を確認する

花束を持った花嫁の手元

やみくもに準備を始めると、今自分が何をすべきかわからなくなり、時短どころかさらに時間が掛かってしまうこともあります。

今度の段取りを書いたスケジュール表をもらっている場合は、最初の打ち合わせの前にしっかりと熟読しておきましょう。

前もって読み込んでおくことで、自分のやりたいことを考える時間をたっぷりとることができます。

 

また、結婚式の準備の時短を狙うのであれば、できれば小道具のハンドメイドは避けたいところですが、計画的に作り始めれば作成時間にも余裕を持てます。

打ち合わせ前に演出や装飾をイメージしておく

花束を持った新婦の手元

あらかじめ自分の理想をイメージしておくことで、打ち合わせをサクサク進ませ時短にすることができます。

 

私自身、結婚式のテーマは特になかったのですが、式場が提供してくれるアイデアや素材が膨大すぎて、その分打ち合わせで悩んでしまうことが多かったです。

 

例えば、「装飾や装花、ペーパーアイテムは自分が好きな色にする」「空き時間にウエディングケーキのデザインをネットで探しておく」など事前に考えておくと悩む時間も減り時短になるでしょう。

 

もしテーマが見つからないのであれば、同じ予算で結婚式を挙げた人がどんな結婚式にしたか、プランナーに聞いてみるのも1つの手です。

外注化する

持ち込みできる結婚式場であれば、外注化をして自分たちの準備するものを減らしましょう。

もちろん、全ての演出や小道具を結婚式場任せにするのが一番時短になるのですが、その分費用が膨大になることもありえます。

 

もし、費用を1円でも安くしたい場合は、スキルを売り買いできるココナラを利用してみるのをおすすめします。

ココナラでは

  • 結婚式用のムービー
  • ペーパーアイテム
  • 似顔絵
  • リングピロー作成
  • スピーチ原稿作成

などそれぞれのジャンルを得意とした人が多いです。

そのため、結婚式場での打ち合わせの傍ら、別の準備を同時進行で進めることもでき、時短になります。

 

まずは結婚式場での見積表と比較してみて、ココナラのほうが安いのであれば、時短のために利用を検討してみて下さいね。

ハンドメイドを減らす

イースターエッグを作る少女の手元

SNSで「#プレ花嫁」と検索すると、結婚式に必要なアイテムを自作している人を多く見かけますよね。

しかし、残念ながら、結婚式準備を時短にしたい場合はハンドメイドをする余裕はないかもしれません。

ただ、通販を利用することで、他ではあまりないような「こだわり」を演出することはできます

スポンサーリンク

結婚式準備の時短をするときに、見落としがないか要注意

手紙を書いている女性

結婚式は準備することが多く、意外と見落としも多いものです。

そのため、時短を意識しすぎて大事なところが抜けていないか、必ずチェックしておきましょう。

 

披露宴の演出の他、招待状の返信の集計、引き出物の準備、遠くからくる参列者への車の手配…など、参列者への細かな作業や気配りが必要になります。

 

結婚式を挙げると決めた時点で招待したい参列者をリストアップして、だれがどこから来るのか、だれが当日受付を手伝ってくれそうか…をExcelなどで管理しましょう

 

また、最初にその作業を頑張っておくと、席次表作成も楽になるのでおすすめです。

時間に余裕があるうちに、早め早めの行動をすることで見落としが減り、結果的に時短になります。

スポンサーリンク

おわりに:結婚式準備は仕事並みの忙しさ!早め早めの行動で時短を

手を繋いでいる新郎新婦

結婚式の内容は、式場にお任せできるものもありますが、基本的には自分たちが決めるもの。

準備を時短で済ませたいのであれば、きちんとイメージをして、早めの行動を心がけるようにしましょう。

のんびりやっていると、あっという間に本番1か月前…なんてのもよくある話です。

 

また、準備の時短を目指すのであれば、打ち合わせ当日にあれこれと悩むことは時間の無駄につながってしまいます。

段取りのチェックリストを作り、平日の空いている時間にやりたい結婚式像のイメージを膨らませ、打ち合わせにしっかりと備えておきましょう。