節約

知らなかった…Amazonプライムの「家族会員」が圧倒的に節約になっておすすめ

Amazonプライムの家族会員のブログ画像

Amazonユーザーならご存じ「Amazonプライム」ですが、この度、登録を解除することにしました。

その理由は、ずばり夫婦二人とも加入していたから。

 

とても便利で使い勝手が良かったのですが、悩んだ末、夫のアカウントだけプライム会員を継続して、筆者のは解除しています。

 

そして、Amazonプライムには「家族会員」というサービスがあることを知り、そちらに乗り換えることで問題が解決することが分かりました。

 

今回は、夫婦での加入をやめた詳しい理由と、Amazonプライムの解除方法、家族会員について詳しくご紹介します。

こんな方におすすめです
  • Amazonプライムの「家族会員」というものを初めて知った人
  • Amazonプライムの「家族会員」について詳しく知りたい人
  • 固定費を少しでも削りたい人
スポンサーリンク

Amazonプライムの夫婦での加入をやめて、家族会員にしたきっかけ

以前から「節約のためにプライム会員をいつかは辞めよう」と思っていたのですが、何かと使う機会が多く、対応を放置していました。

年間契約だと4,900円、1か月だと500円と激安のサービスではありますが、夫婦二人だと年間9,800円ですし、他にもサブスクに加入していて、合計するとかなりの額になるんですよね…。

 

今回は年間契約していたAmazonプライムの期限が近いと分かり、解約することを即決しました。

 

また、後日「1つのAmazonプライムアカウントが家族共同で使える」という話を聞いたので、「家族会員」という形でAmazonプライムを復活。

結果として、あまりデメリットなく解約することができました。

スポンサーリンク

Amazonプライムの解約方法

Amazonプライムの解約にあたって、すぐに解約されてしまうのか、お金を払っている月まで利用できるのか心配でしたが、そこは事前に確認できるので安心できました。

ちなみに、筆者の場合は年間契約で、解約しても契約期限まではしっかりと使うことができました。

 

▼Amazonプライムを解約するには、Amazonにログインしてトップページを開きます。

赤い枠の「〇〇さん(自分の名前)アカウント&リスク」をクリック。

Amazonプライムの夫婦共同のブログ画像

 

▼「プライム」をクリック

Amazonプライムの夫婦共同のブログ画像

 

▼「プライム会員情報の管理」をクリック。

ちなみに私がAmazonプライムでお得になったのは15,805円だそうです。

Amazonプライムの夫婦共同のブログ画像

 

▼「会員情報を更新し、プライムをキャンセルする」をクリック。

Amazonプライムの夫婦共同のブログ画像

 

▼「プライム会員情報を終了し、特典の利用を止める」をクリック。

まだ迷っている方は、上の「会員資格が終了する3日前にEメールでお知らせします」にチェックをして、解約を保留することもできます。

Amazonプライムの夫婦共同のブログ画像

 

▼「特典と会員資格を終了」をクリック。

Amazonプライムの夫婦共同のブログ画像

 

▼ここで最終確認のワンクッションを置いてくれます。ちなみに、私の場合は年間契約の終了日(2020年10月21日)と同時に解約するのを選択できるようです。

そのため、解除日(2020年9月25日)から使えなくなるという訳ではありませんでした

Amazonプライムの夫婦共同のブログ画像

 

▼プライム会員資格を終了させると、トップページに戻り、Amazonプライムの解除ができたことが分かります。私の場合は年間契約の終了日(2020年10月21日)までは引き続き利用できました。

Amazonプライムの夫婦共同のブログ画像

スポンサーリンク

Amazonプライム家族会員の登録方法

Amazonプライムの会員になっている家族に協力してもらい、Amazonのサイトの「Amazonプライム会員情報を管理する」→「プライム特典を共有する」をクリックしてもらいます。

 

そして、自分の名前、メールアドレスを登録すると、家族登録の案内のメールが送られてきます。

 

▼実際に来たメールはこんな内容でした。

ここに記載されているリンクをクリックします。

Amazonプライムの夫婦共同のブログ画像

 

▼リンクをクリックするとこのような画面になるので、「家族会員に無料で登録する」を押せば完了です。

Amazonプライムの夫婦共同のブログ画像

ちなみに、家族会員が使える特典はこんなかんじ。

家族会員がご利用いただけるAmazonプライム特典には以下が含まれます。

お急ぎ便が無料
お届け日時指定便が無料
特別取扱商品の取扱手数料が無料
プライム会員限定先行タイムセール
Prime Now
Amazonパントリー
Amazonフレッシュ(Amazonフレッシュ会員(配送料無料プラン)はプライム会員ご本人が登録することで自動的に利用できるようになります)

引用:Amazon.co.jp ヘルプ: Amazonプライム家族会員を登録する

残念ながら、Prime Videoなどは使えません

スポンサーリンク

まとめ:家族でAmazonを使っているなら、家族会員にならない手はない

最初の方でも述べましたが、Amazonプライム自体は年間契約だと4,900円、1か月だと500円でかなりの低価格で使うことができます。

しかし、夫婦二人が入っていれば年額9,800円ですし、他の月額サービスを使っていると、固定費はどんどん膨らむことに…。

 

我が家では、その他にも動画配信サービスを契約していたので、それらのサービスだけでも月に2,546円掛かっていました。

そのため、今回のAmazonプライムの解約で、少しは節約になるはずです。

 

さらに、家族会員になれば、配送料などの恩恵はそのまま受けられるので、デメリットはあまり感じられません。

Prime Videoが使えないのは残念ですが、「動画が見たくなったら夫のアカウントを借りる」というふうに上手くやっていこうと考えています。