節約

二人暮らしで電気代平均が4000円未満だった年の記録まとめ

二人暮らしの電気代4000円のブログ画像

二人暮らしの電気代ってどのくらい?

と疑問に思っている方に向けて、都内二人暮らしで月の電気代平均が4000円未満だった年の記録をご紹介します。

これから二人暮らしを始める人、電気代が高くて困っている人は参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

二人暮らしの電気代平均が4000円未満だった記録を公開

二人暮らしの電気代4000円のブログ画像

2019年1月分~2019年12月分のデータ

2019年1月分~2019年12月分までの、東京都で二人暮らししていたころの電気代をご紹介します。

電力会社は東京電力で、30Aで契約しています。

 

\電気とガスをまとめるとお得!/

とくとくガスAPプランでアマゾンプライム永年無料+ギフト券4500円

・1月分 使用料:98kwh 電気代:3136円
・2月分 使用料:82kwh 電気代:2382円
・3月分 使用料:122kwh 電気代:3556円
・4月分 使用料:135kwh 電気代:3901円
・5月分 使用料:141kwh 電気代:4035円
・6月分 使用料:107kwh 電気代:3135円
・7月分 使用料:116kwh 電気代:3314円
・8月分 使用料:198kwh 電気代:5525円
・9月分 使用料:215kwh 電気代:5936円
・10月分 使用料:149kwh 電気代:4109円
・11月分 使用料:136kwh 電気代:3812円
・12月分 使用料:125kwh 電気代:3494円

結果を見ると、電気代は平均で3861円となっており、多くの月は4000円内で収まっています。

 

ただ、エアコンを使用していた夏や、私が在宅になった10月分頃からは電気代が高くなっています。

二人暮らしの電気代平均が4000円未満はかなり安い

個人の見解ではありますが、二人暮らしの電気代平均が4000円というのはかなり安いです。

というのも、2020年1月からの1年間のデータをまとめたところ、在宅勤務が増えてから電気代のは月平均は4887円に。

2019年の平均3861円と比べると、約1000円も違うことがわかります。

スポンサーリンク

二人暮らしで電気代を安く抑えるポイント

二人暮らしの電気代4000円のブログ画像

二人暮らしでも工夫をすれば電気代をぐっと抑えることができます。

ポイントは「家にいる時間」と「電力会社」です。

我が家のケース

電気代が安くなったのは、「電気代を節約しよう!」として切り詰めた生活をした訳ではありません。

一番大きな要因は「家にいる時間が少なかったから」です。

 

あとは、

  • テレビをつけっぱなしにしない
  • エアコンはこまめに電源をON/OFFしない
  • 照明はこまめに消す

など、苦にならない程度に節電をしていました

 

また、全体的に電気を使う設備・家電が少なかったです

床暖房や浴室乾燥機、衣類乾燥機などが家に無く、冬場は石油ファンヒーターで暖をとっていました。

電力会社を変える

電力会社の中には、時間帯によって電気料金が変わるものがあります。

そのため、日中・夜間に家にどれくらいいるかによって、電機会社を見直した方がいいパターンがあるのです。

電力量料金が日曜半額!わかりやすいエフエネHOME

 

また、ガスと同時に契約することで割引がされたり、電力会社の乗り換えでキャッシュバックが行われる場合もあります

このように、ただ何となく電力会社を選ぶのではなく、「どうしたら得をするか」「どうしたら支出を減らせるか」を意識することが重要です。

とくとくガスAPプランでアマゾンプライム永年無料+ギフト券4500円

スポンサーリンク

おわりに:電気会社の見直しも大切

2019年のデータをまとめると、「家にいた時間が少なかった」という理由で電気代平均が4000円未満に収まりました。

しかし、近年の世情では逆に「家にいる時間が増えた」という方が多いかと思います。

 

こまめな節電だけではあまり効果が出ない場合は、思い切って電力会社を変えてみるのも一つの手です。

自分やパートナーの生活スタイル(朝型・夜型など)を考慮して、電力会社を選んでみて下さいね。

国内最大級の電力比較サイト【エネチェンジ】はこちらから