カップル・夫婦

結婚式は貯金なしでもできる?計画的な貯金や少人数での挙式のすすめ

結婚式が貯金なしのブログ画像

結婚式費用といえば、数百万かかるイメージがありますよね。

貯金なしとなると、「自分たちが挙式するのは難しいんじゃないか…」と思ってしまいます。

 

しかし、結婚式の費用は、(ゲストからご祝儀をもらえる場合は)全額が自己負担になる訳ではありません

そのため、今は貯金がなくても、ある程度まで貯金したり、小規模の結婚式にすることで結婚式をすることができるんですよ。

 

今回はそんな「結婚式を貯金なしで行うアイデア」をご紹介します。

スポンサーリンク

結婚式を貯金なしで行うアイデア

結婚式が貯金なしのブログ画像

完全に費用0での結婚式はできないので、最低限払う分は貯金したり生活費から出す必要があります。

それでも、工夫をすれば費用を削減することができるので、半年~1年間貯金を頑張れば、結婚式を挙げることも夢ではありません

結婚式の打ち合わせから本番までは半年~1年かけるパターンが多いので、その間に少しずつ貯金していきましょう。

 

ここからは、少しでも費用削減をして、結婚式を貯金なしで行うアイデアをご紹介します。

できる限り周りの人に助けてもらう

結婚式が貯金なしのブログ画像

結婚式の費用で主に掛かるのは、挙式料やウエディングドレスのレンタル代、料理、演出の費用などです。

挙式料や料理から費用を削るのは難しいですが、例えば持込可能の式場であればウエディングドレスを持ち込んだり、演出や小物を自作するなどして費用を節約できます

親族でウエディングドレスを譲ってくれる人がいないか、フリマサイトで安く買えないかなど何かしら周りの人に助けてもらうのも1つの手です。

挙式のみで披露宴を行わない

結婚式が貯金なしのブログ画像

披露宴を行わないことで、かなりの費用削減になります。

「ゲストと時間を過ごせないのは悲しいな…」という場合には、披露宴より費用が抑えめの「二次会」をしたり、後日、親しい友人とだけの食事会をするという方法も珍しくありません。

CHECK! 結婚式二次会におすすめ!幹事代行サービス【2次会くん】詳細はこちら

小規模(2人だけや親族のみ)にする

結婚式が貯金なしのブログ画像

小規模で行う挙式であれば、結婚式の費用を抑えることができます。

2人だけの挙式であれば、費用が安くなる平日に挙式しやすいですし、親族のみであれば無理に演出を入れる必要もありません

フォトウエディングをする

結婚式が貯金なしのブログ画像

最終手段ではありますが、フォトウエディングも1つの手です。

挙式するわけではないので、みんなに祝ってもらったり、披露宴を行うことはできません。

しかし、「ウエディングドレスを着たい!」といった願いなら安価で叶うことができます

 

費用は数万程度で、こだわりが強くない限りは10万円以下で済むことがほとんどです。

これなら、貯金がなくても生活費から捻出できる場合があります。

スポンサーリンク

番外編:貯金を少し頑張れば、しっかりめの結婚式もできる

ご祝儀を見込んで、数年貯金を頑張る

結婚式が貯金なしのブログ画像

例えば、結婚式の見積りが、参加人数40人で200万円だとします。

ご祝儀でよく入れられる金額は3万円。

単純計算だと3万円×40人で120万円分のご祝儀をもらえるので、見積もりから引くと自己負担額は80万円になります。

 

かなりの大金ですが、共働きであれば、数年頑張れば届きそうな貯金額です。

少人数やケチケチした披露宴は行いたくない…という場合は少しだけ貯金を頑張ってみましょう。